新築・リフォーム、不動産の、丹後由良-オカモト工務店 社長の活動日記。 建築士の日々、オカモト工務店の最新情報をお届けします。                                                     www.okamoto-syd.co.jp

  丹後・宮津のオカモト工務店 -社長blog-のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 建築情報 > ■大震災から・・・■  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■大震災から・・・■

2009 - 01/17 [Sat] - 18:24

1995年(H7年)1月17日午前5時46分マグニチュード7.3、最大震度7の大地震が
阪神・淡路地区を襲った。
あれから14年。
近年も、日本の各地において(世界中で)、
震度6以上の大地震が発生しています。
2004年 新潟県中越地震
2005年 福岡沖地震
2007年 能登半島地震
2008年 岩手宮城内陸地震

1981年(S56年)、建築基準法施行令 (建築基準法の技術的基準などの詳細を定めたもの) は、
1978年(S53年)宮城県沖地震<マグニチュード7.4、震度5>の地震の発生、経験により
耐震設計基準が大幅に改定されました。
現在の、新耐震設計基準の誕生です。
この新耐震設計基準による建築物は阪神・淡路大震災においても
被害は少なかったとされています。

さらに、1995年(H7年)12月、阪神・淡路大震災の教訓をもとに
耐震改修促進法が施行されました。
この中では、新耐震設計基準(S56年)以前に建築された建築物の
耐震診断が義務づけられたのです。
その後も、2000年(H12年)、建築基準法(建築物に関する最低の基準を定めた法律)の
改正が行われ、新耐震設計基準が更に強化されました。

みなさんがお住まいの自治体においては、
2006年(H18年)の耐震改修促進法の改正を受け、
住宅の耐震診断に対する費用の補助等を行っています。
大切な生命と財産を守るうえでも、一度調べてみてはどうでしょうか。

また、私も京都府木造住宅耐震診断士となっておりますので、
何かご不明な点がありましたらオカモト工務店HPよりお尋ねください。



こんにちは

阪神大震災からもう14年も経つんですねえ。
家を建てるには、耐震は欠かせない要素になっているのですね。
法律、補助制度の話、非常に勉強になりました。

いつも興味深く拝見していますよ^^ がんばってくださいね

Re: こんにちは

コメントありがとうございます。
そう、14年も・・・
私のように、被災地から離れた人間には早いような・・・
でも、決して忘れてはなりませんよね。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okamotosyd.blog44.fc2.com/tb.php/50-dd15fb5d

 | HOME | 

プロフィール

おかもっちゃん

Author:おかもっちゃん
京都府の丹後・中丹地方で住まいづくりをやっています
株式会社オカモト工務店
代表の岡本です。
1968年生まれの一級建築士です。

http://www.okamoto-syd.co.jp

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

ランキング参加中!

最新トラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

ランキング参加中!

キタカンサイばきゅ~ん! にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。