新築・リフォーム、不動産の、丹後由良-オカモト工務店 社長の活動日記。 建築士の日々、オカモト工務店の最新情報をお届けします。                                                     www.okamoto-syd.co.jp

  丹後・宮津のオカモト工務店 -社長blog-のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 暮らしの情報 > 水のお話 -Vol2-  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水のお話 -Vol2-

2008 - 12/04 [Thu] - 23:48

 ふ~やっとブログの更新作業へ絵文字名を入力してください汗一色
以前、“水のお話”という記事を書かせてもらったのですがその続きです。

 本日、大阪から軟水器の製造メーカーが、私のところへ商品ピーアールの為、訪ねて来てくれました。
目の前での実験の数々・・・
効果の程はデーター上では把握していたのですが、目の当たりにすると

  DSCF2433_convert_20081205001515.jpg    DSCF2438_convert_20081205001614.jpg    

私の住む、宮津市の由良地区は、前回紹介した
    ・湯まわり機器(給湯器、電気温水器、電気ポット、太陽熱ヒーター、など)が
     2、3年で故障する。
    ・炊飯器に白いガリガリが付く
    ・水栓金具にガリガリが付く
    ・サーモスタットがすぐ故障する
といった症状はそんなに見られない所です。

実際、簡易測定により硬度を測ってもらうと
やはり35~40といった結果が出ました。(日本の平均硬度 61mg/ℓ)

  DSCF2444_convert_20081205001653.jpg
       
 1週間の無料レンタル器の貸出を受け、私自身がモニターに ニコッ♪
  DSCF2471_convert_20081205002549.jpg
設置個所が浴室の為、超軟水の性能体感評価の対象は、
 ◆健康面
   ・お肌・髪にやさしい
   ・アトピー・乾燥肌にやさしい
 ◆環境面(結果的にですが)
   ・無添加せっけんで十分の能力発揮→排水→河川、海への環境負荷の軽減
            
  を主に考えています。


硬度35~40といった環境の中、軟水器による硬度1以下の世界へびっくり今後、自分自身が実際に体感し、嘘のないレポートを報告したいと思います。 ピース






コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://okamotosyd.blog44.fc2.com/tb.php/32-bcd66110

 | HOME | 

プロフィール

おかもっちゃん

Author:おかもっちゃん
京都府の丹後・中丹地方で住まいづくりをやっています
株式会社オカモト工務店
代表の岡本です。
1968年生まれの一級建築士です。

http://www.okamoto-syd.co.jp

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

ランキング参加中!

最新トラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

ランキング参加中!

キタカンサイばきゅ~ん! にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。